金属加工装置について

制御盤の筐体を作るためには、様々な機械や道具が必要です。
筐体は一般的に金属で作られています。
今回は、筐体を作るために金属加工の機械や道具を、ご紹介します。

板金・製缶の工程では、筐体に必要な金属を切り抜いたり、折り曲げたりして、筐体の形を作ります。
この際に、金属加工の装置が活躍します。

シャーリング加工機
金属の素材を切断する機械です。
はさみのように、上下に刃があり、上下から圧力をかけることで素材を切断します。
直線にしか加工できませんが、その他の切断加工に比べて加工速度が速いです。
タレットパンチプレス
金属の板を金型で打ち抜く機械です。
NC制御(数値制御)で、プログラム通りの形や大きさに金属を加工できます。
熟練の技術者がいなくて安定した加工精度をだすことができます。
レーザー加工機
レーザービームで金属を切断する機械です。
シャーリングやプレス機械のような機械によるせん断ではないので、切断した後の断面にバリがなくきれいに仕上がります。
ベンダー加工機
ベンダー加工とは、金属を機械の圧力で曲げる加工のことです。
機械に加工したい形状の金型を取付けて、その間に金属を挟み込んで加工を行います。
NC制御が可能な機械は、同じ形の製品を大量に生産するのに向いています。
溶接機
金属を溶かして接合する機械です。
曲げ加工された部品を、溶接機を使って接合します。
産業用以外にも家庭でも使われ、大きさや種類も多種多様です。
メッキ装置
筐体をメッキ加工する機械です。
メッキとは素材の表面に金属の膜をつける加工のことです。
メッキ加工をすることで、筐体の見た目がきれいで、錆や腐食を防ぐことができます。
塗装装置
筐体の表面に塗料を付ける機械です。
手動で塗料を吹き付けるスプレーガンや、自動ロボットなど、さまざまな種類があります。
塗装することによって得られる効果は、塗料の種類によって違います。

実際に東洋電装では見かけない装置たちですが、
制御盤作成には欠かせない装置たちです。

SHARE